"

そもそもメンチカツは贅沢品です。ひき肉をまぜまぜしている時、ひき肉自身は「僕、今日はハンバーグになるんだ!」と信じている可能性が強く、そしてハンバーグとして焼かれるひき肉達は、子供たちからも大人からも愛されて、その生涯を終えていきます。

 一方、まさか自分がメンチカツになろうとは夢にも思わなかったひき肉達は、ハンバーグになる夢を捨て、小麦粉をまぶされ、溶き卵にくぐらされ、生パン粉をまぶされながら、160℃の油の中に投入されるのです。 熱い、絶対に熱い。

"